検査方法について

新型コロナウイルスの遺伝子検査*を短時間で実現




遺伝子検査(=核酸検出検査)は、厚生労働省が発行する検査指針にて、無症状者の唾液から検出可能とされています。当検査センターでは、キヤノンメディカルシステムズの“新型コロナウイルスRNA検出試薬 LAMPdirect Genelyzer KIT”(蛍光LAMP法)を使用しています。

本キットは、厚生労働省健康局結核感染症課、及び国立感染症研究所による「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019-nCoV遺伝子検査法について(2020年10月23日版)*」に、結果が公表されている試薬で、行政検査に使用可能で、保険適用の対象になっています。

※本KITは医薬品医療機器等法に基づく体外診断用医薬品としての承認・認証等を受けていません。